坐骨神経痛によるお尻と足の激痛が無くなって、普通の生活ができるように!

お客様写真

Q:当院にはどのような症状でご来院されましたか?

A:お尻と足の裏が激痛でどうしようもなくて、坐骨神経痛と言われてきました。

 

Q:それは、日常生活や仕事にどのような影響がありましたか?

A:とにかく痛くて痛くて、歩くのも痛い!座って起き上がるのも痛い!痛みとの戦いで、仕事も日常生活も、痛くて痛くて大変でした!

 

Q:その症状を治すために、病院とか整骨院に行かれましたか?

A:もちろん、最初は整形外科に行ってレントゲンをかけて、痛みどめの注射を打って、

それでも治らないので今度はマッサージに行って、足を上げられたりとか、もまれたりとか色々なことをされました。

 

Q:それで、良くなりましたか?

A:全然、良くなるどころか!激痛がさらに激痛になって、それでどうしようもなくて、ここに頼りました。

 

Q:病院では診断名は?

A:レントゲンを撮って骨には異常がないから、まあ痛み止めの注射を打っておこうと!

それと整骨院ではスジが硬くなっているからほぐそうと!病名という病名はなかったですね。

 

Q:そういう状態で当院に来られました。それで、当院で施術した後は、どういう風に症状が変わられましたか?

A:最初は好転反応が出て痛かったのですけど、『それはいい方向になっているよ』とおっしゃってくださって、それから通うたびに、どんどん痛みが和らいできてほぼ痛みがなくなって、普通の生活ができるようになりました。

 

Q:良かったですね。

A:はい、ありがとうございました。ほんとに!

 

Q:今日もメンテナンスに来られましたが、今はどうですか?

A:ここに来ると、先生に施術して頂くとすごく身体が楽になるので、1ヶ月に1度はきちんと来ようと思っています。

 

Q:これからもメンテナンス続けてください。今日は、ありがとうございました

A:ありがとうございました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

脊柱管狭窄症の激痛で2、3メートルしか歩けなかったのが杖なしで歩けるように! お客様写真
『痛くて痛くて動けない』腰の骨の【すべり症】の痛みが無くなりました。 お客様写真
手術日まで決まっていた!脊柱管狭窄症での、歩けないほどの痛みが、良くなりました。 お客様写真