脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による

痛みやしびれが強くなり

≪10メートル歩くと痛くて歩けない≫

≪手術日も決まっている≫

と、お悩みの方へ

あなたは、脊柱管狭窄症による

次のような症状で

『普通に長く歩けるようになりたい』

『手術を回避したい』

とお悩みではありませんか?

  • 10メートル歩くと痛みで歩けないので、長く歩きたい
  • 手術日が決まってしまったが、まだどうしたらいいのか悩んでいる
  • 病院で、痛み止めやブロック注射をしたが良くならない
  • 家族旅行が決まっているので、それまでに治したい
  • とにかく痛みやしびれをとってほしい

旅行に行きたいけれど・・・・

あなたがもし今、旅行やなにか予定が決まっているにも関わらず、

腰から足にかけての痛みやしびれがとれない!

また、薬を使っていても、本当に旅行や予定を楽しめるか不安な方

 

手術日が決まっているけど・・・

手術日が決まっているが、本当にしてもよいのかどうか、とても不安だ

 

このような方へ、当院にお任せください。

手術日まで決まっていた!脊柱管狭窄症での、歩けないほどの痛みが、良くなりました。

お客様写真

昭和町カイロの、手術日まで決まっていた脊柱管狭窄症のお客様の声

脊柱管狭窄症の症状で、10メートル歩いたら痛みで歩けなくなり、手術日も決まっていた方が

昭和町カイロね施術で歩けるようになり、日常生活も支障なくなりました。

そんな重症の方に、『良くなった!』お喜びの声を頂きました。

 

Q:施術終わっていかがですか?

A:はい、ずっと楽です。

Q:初めは、どんな症状で来られましたか?

A:腰が痛いのと歩けない状態で、来ました。

Q:それはしびれですか?痛みでしたか?

A:しびれもありましたが、痛みの方が強かったですね。

Q:どれくらい歩けましたか?

A:10メートルいけたらいいとこでしたね。

Q:大変でしたね!!

Q:その症状でお医者さん行かれましたか?

A:行きました。

Q:どんな診断でしたか?

A:脊柱管狭窄症です。

Q:脊柱管狭窄症ですね。

Q:その症状は、お医者さんで良くなりましたか?

A:全然良くならずに、年明けに手術しようか!という話になって、日にちまで決まっていました。

Q:手術の日まで決めていましたか…

Q:治療はどんな治療しました?

A:脊椎に注射をしてもらいました、液を入れて痛みをやわらげる事で。

Q:薬とかは?

A:薬はもらってなかったですね。

2回目同じことをやろうとした時にうまくいかず、大きな病院で手術しましょうか!と言うことになりました。

Q:大変でしたですね。施術をしてきて、今はどうですか?どれくらい歩けますか?

A:今は、歩数からすると3000歩、一挙に歩くときはですね。休憩しながらでは6000歩、7000歩けるようになりました。

Q:日常生活は支障ありませんか?

A:はい

Q:良かったですね!これからも、無理しないようにしてください。今日はありがとうございました。

 

大阪市にお住いのTさん

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

歩くと痛くて歩けない、脊柱管狭窄症の痛みしびれが、無くなりました。

お客様写真

当院へははどのような症状で来られましたか?

脊柱管狭窄症で!腰痛と、それから坐骨神経痛がひどくて100メートルぐらい歩くともう!痛くてしばらく休憩するとか!それが1年以上続きました!

 

その症状に対して病院とか他の治療院に行かれましたか?

整形外科のお医者さんに行ってブロック注射してもらったりとか、あるいはマッサージとかリハビリやってもらったりとかしたんですけども、

注射した時はいい感じなんだけども、そう長いこと続けていくわけにもいかないし、やめるとまた元に戻るという感じですかね。

 

当院に来られる前はいろんな不安や期待はありましたか?

カイロというのは公的に認められているもんでもないし、資格もあるようなないような公的資格はないんで、まあー言やー、効くか効かんか分からんと言うところですね。

 

少し期待もありましたか?

そりゃー期待もあって!もう西洋医術もあかんし!どこへ行ってもあかんかったですね!そうそう!これしかないなーと!

 

実際にこちらの治療を受けられてどのように変わりましたか?

1回目はそれほどでもなかったですが、2回3回と受けると急に改善してきていわゆる『かんけつはこう』
というのは自然になくなりました。

ただ完全に治ってるわけではなくて『かんけつはこう』なんかはきれいになおっている。
ただやっぱりしばらく来なかったら腰が痛くなるなーという感じですね。

 

『間欠跛行(かんけつはこう)』と言うのは、ある程度歩くと痛くて休まないとダメと言う、脊柱管狭窄症の典型的な症状ですね!

今は、ずいぶんましになっていますね?

ええ、そういうのはないです!

 

私の説明は分かりやすかったですか?

ええ、じゅうぶん分かりますね!

 

この施術をお勧めするとしたらどのような人に勧めますか?

やっぱり近所とか知ってる人で腰痛を抱えているとか、あるいは、車押していかんと歩けないような、そういう人にお勧めしたいですね!

 

今日はありがとうございました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アクセス

 

地下鉄

大阪市阿倍野区:大阪メトロ地下鉄御堂筋線・昭和町駅:2番出口より徒歩2分

大阪市阿倍野区:大阪メトロ地下鉄谷町線・文の里駅:5番出口より徒歩6分

 

住所

大阪市阿倍野区阪南町1丁目46-19 カーサMK1F北側

 

電話

06-6622-6301

 

 

『ホームページ見た』で

初回半額!

『たくさんの方に、良くなって頂きたい』

そんな思いで、割引をさせていただきます。

『治る』チャンスを逃がさないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電話でのご予約

お急ぎの方は、お電話で問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライン予約・ご相談 当院のおすすめです。

24時間対応ライン予約・簡単なのでお勧めです。ご相談も受け付けています、お気軽にご相談ください。

ライン予約

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールでのご予約  予約時間のやり取りに少し時間がかかります。お急ぎの方は電話・ラインでお願いします。

ネット予約

脊柱管狭窄症改善脊柱テクニック画像

脊柱管狭窄症とは?

 

腰椎椎間板ヘルニアと同じように、腰痛や足の症状を引き起こす、脊柱管狭窄症。

 

背骨には、脳から続いてるしんけいである、脊髄が通る管があります。

これを脊柱管と呼びます。

脊柱管狭窄症とは、骨やじん帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや足のしびれ痛みなどの症状を起こすものです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの発症年齢よりも、高い年齢の方がなりやすいです。

 

脊柱管狭窄症による、腰や足の痛みやしびれは、長時間歩くと症状が悪化し、腰を前に曲げて休憩すると軽減する「間欠性跛行」などが症状として挙げられます。

 

圧迫を受ける部位や重症度によっては、排尿・排便障害まで現れたりします。

排尿・排便障害まででてしまうと、手術を検討しなければならないほどです。

 

誰でも発症する可能性が高く、日常生活での姿勢や負担も大きく影響しますので、注意が必要です。

 

少し心配な方や、医療機関に行っても治らない方は、大阪阿倍野天王寺・昭和町カイロプラクティック院がお役に立てます。

 

重症になってからでは大変ですね。

お早目のご連絡をお待ちしています。

この3つの状態をよくすることで、今までとは違う結果になる事でしょう

 

脊柱管狭窄症の方がよくする間違いは

 

ただ単に、

 

1、『腹筋や背筋を鍛えなさい』と言われ、その運動をしている

 

2、『ストレッチをしなさい』と言われ、痛みと闘いながら足を延ばしている

 

3、『温めたほうが良い』と言われ長く風呂に浸かって、温めている

 

4、『良い姿勢をしなさい』と言われ、痛いのに腰をそって座っている

 

5、痛み止めに薬を長い間、飲み続けている

 

このような、間違ったことをやっていても、良くはならないのです。

あなたに本当に必要なのは、この3つを解決することなのです。

 

大丈夫です!安心してください。

 

昭和町カイロなら、この3つの改善ポイントが、すべて『神経回復整体テクニック』で行われ、あなたを痛みしびれから解放してくれるのです。

ご安心ください、私たちが責任をもって施術させていただきます。

 

貴方の悩みをしっかり聞かせていただき、丁寧に説明をしながら施術させていただきます。

痛くないように、貴方に確認しながら、最適な施術を致します。

どこに行っても治らない厄介な症状

私たちにお任せください。

院長  田中次郎

副院長 田中信彰

昭和町カイロプラクティック院

〒545-0021大阪市阿倍野区阪南町1丁目46-19 カーサMK1F北側 (御堂筋線:昭和町駅徒歩2分)