脊柱管狭窄症の症状には、3つのタイプがある

腰や足にしびれや痛みが出る脊柱管狭窄症の症状と3つのタイプ

 

douga37

 

骨や靭帯が肥厚したりして、脊柱管が狭くなることで発症します。

一般的な原因として、加齢による変性がよく言われますが、年をとったかたすべてが発症するわけではありません。

もちろん加齢による影響もありますが、姿勢や筋力低下も大きく影響します。

姿勢が悪くなり、腰が曲がったようになれば、常に腰への負担を増やしてしまいます。

それが何十年と続けば、悪くなりますよね。

筋力低下も同様に、体の姿勢を維持するのに重要な役割を持ちますので、筋力低下が著しいと、腰だけではなくて、様々な場所に影響します。

普段の座椅子の座り方でも、ダランと座れば、骨盤が寝てしまい、腰の負担を増やして腰痛の原因となってしまいます。

普段生活から変えていかないと、後々の生活に大きなダメージが残るかもしれません。

正しい姿勢の維持は大事ですね。

b181

さて、脊柱管狭窄症には一つの症状だけではなく、3つあるのをご存知でしょうか!

神経が圧迫される部位によって3つの症状が出てきます。

①神経根型・・・神経根とは脊髄の末端にある馬尾から枝分かれした根元の神経です。主に脚の感覚や運動をつかさどっています。

この神経根が脊柱管の狭窄によって圧迫されたタイプを神経根型と言います。

症状は左か右の片側だけに現れます。特徴的な症状は、長時間立ち続けたり・歩いたりしたときに圧迫された側に、痛みやしびれが発生してきます。さらに、間欠性跛行になり、少ししか歩けなくなります。

②馬尾型・・・脊髄の末端にある馬尾神経の束が、圧迫されて発症するタイプを言います。

両足のしびれや痛み、様々な異常感覚・間欠性跛行(少しの距離しか歩けない)が、頻繁に表れます。

③混合型・・・さらに厄介なのがこのタイプです。神経根型と馬尾型が混合したタイプです。

症状は、腰から足にかけての痛みやしびれ、間欠性跛行の加えて、お尻から足裏にかけて痛みしびれ、冷感、灼熱館・足底のじりじり感・足底の皮膚が厚くくなったと感じる等です。

dsc2143

さらに重症化すると。排尿・排便障害が発生します。

最も多いのが①の神経根型です。この神経根型は保存療法(手術以外の治療法)でも治りがよく、②の馬尾型③の混合型は手術を選ぶことが多いことが分かっているようです。

つまり、②及び③はかなりの重症であり、保存療法だけでは、改善が難しいと思われます。

さらに椎間板ヘルニアも、同時に発生している方もあり、難しい施術テクニックを必要とします。

昭和町カイロプラクティック院での、脊柱管狭窄症の対象タイプは、上記の①神経根型もしくは②馬尾型の一部の方が対象になります。

②及び③の最も重症の方は、病院でのご相談をお勧めしています。

最も重症にならない内に、昭和町カイロで、根本的に治していく!のが早道ではないでしょうか!

歩くと痛くて歩けない、脊柱管狭窄症の痛みしびれが、無くなりました。

お客様写真

当院へははどのような症状で来られましたか?

脊柱管狭窄症で!腰痛と、それから坐骨神経痛がひどくて100メートルぐらい歩くともう!痛くてしばらく休憩するとか!それが1年以上続きました!

 

その症状に対して病院とか他の治療院に行かれましたか?

整形外科のお医者さんに行ってブロック注射してもらったりとか、あるいはマッサージとかリハビリやってもらったりとかしたんですけども、

注射した時はいい感じなんだけども、そう長いこと続けていくわけにもいかないし、やめるとまた元に戻るという感じですかね。

 

当院に来られる前はいろんな不安や期待はありましたか?

カイロというのは公的に認められているもんでもないし、資格もあるようなないような公的資格はないんで、まあー言やー、効くか効かんか分からんと言うところですね。

 

少し期待もありましたか?

そりゃー期待もあって!もう西洋医術もあかんし!どこへ行ってもあかんかったですね!そうそう!これしかないなーと!

 

実際にこちらの治療を受けられてどのように変わりましたか?

1回目はそれほどでもなかったですが、2回3回と受けると急に改善してきていわゆる『かんけつはこう』
というのは自然になくなりました。

ただ完全に治ってるわけではなくて『かんけつはこう』なんかはきれいになおっている。
ただやっぱりしばらく来なかったら腰が痛くなるなーという感じですね。

 

『間欠跛行(かんけつはこう)』と言うのは、ある程度歩くと痛くて休まないとダメと言う、脊柱管狭窄症の典型的な症状ですね!

今は、ずいぶんましになっていますね?

ええ、そういうのはないです!

 

私の説明は分かりやすかったですか?

ええ、じゅうぶん分かりますね!

 

この施術をお勧めするとしたらどのような人に勧めますか?

やっぱり近所とか知ってる人で腰痛を抱えているとか、あるいは、車押していかんと歩けないような、そういう人にお勧めしたいですね!

 

今日はありがとうございました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事