気象病:天気痛の『痛み日記』をつけませんか!?

天気が悪くなると色々な体の変調が出る方へ!

760636

 

『痛み日記』をつけませんか!
ご自分と天気と体調の関係、ある種の規則性を知ることが必要です。

『どのような時に痛みがでてくるのか?』を把握し、ご自分の体調を管理することが安心につながるのです。

それを見つけるのに必要なのが、ご自分で付ける『痛み日記』なのです。

記録するのは、天気、気圧の変化、感じたストレス、めまい、耳鳴りなど、痛みの強さ、運動、睡眠など各項目を決めて、詳細に記録しておいてください。

(「頭痛ーる」というスマートフォンアプリもあるので、それを活用してもいいですね)

 

周りの方に、気象病:天気痛は病気であるとの認識をしてもらう!
〇天気痛は【病気】と理解する人を増やす
〇又は、【天気痛の辛さを、しっかり理解してくれる人】を増やしてほしい!のです。

 

『今日は天気が悪いので、頭痛がするのです』

『それは気象病だな!天気痛って言うんだっけ、知っているよ。今日は休んで構わないよ』

というような会話がされるようになると、なお良いですね。

 

怠けている!と思われると、孤立しやすくなります。

 

そうではなく、天気痛はよくある病気なのだということを、周りにわかってもらっていると、孤立することも少なくなります。

 

そういう環境にならないと、職場の上司にも言いづらく、結果的に無理に仕事をして、症状を重くしてしまいかねないと思います。

 

『気象病』や『天気痛』があることを、ご自分でも理解し、周りにも理解して頂く!

 

そして、『少しでも早く昭和町カイロで治療を開始すること』が根本解決につながりますね!

 

あなたのご連絡をお待ちしています。

痛みがいつまで続くのか!という思いが、消えていきました。

お客様写真

初めての整体で不安でしたが施術後来てよかった・・・と思いました。

「薬に頼らずゆっくり直して行きましょう」直ります。

と云う先生の言葉で、頭の中のいつまで痛いのが続くのかな、と云う思いが消えて行きました。

リラックス、ゆっくりを教えて頂きほんとうに気持ちも体も楽になりました。

ありがとうございます。

女性    67歳    主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ここに来て、今までの痛みが嘘のように取れてきました。

お客様写真

何度かマッサージに行ってもその場しのぎにしかならなかったのが、

ここに来て、今までの痛みが嘘のように取れてきました。

しばらく通ってみようと、初めて思いました。

男性  26歳  塾講師

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

左腕から首・頭のしびれ及び左足のハレ・しびれや体調が良くなりました。

お客様写真

当院の患者様より、
大変貴重な体験談をお話ししていただきました。

今回は、Kさん(47歳  川崎市在住)です。

十数年前に専門学校に通うために大阪に在住
10年ほど前に当院に来院。

当時は左腕から首・頭のしびれ及び左足のハレ・しびれで来院

以前は入院したこともあるそうです。

病院では原因がわからず数々の治療に行ったが良くならず当院に来院

何回かの治療を行い良くなられていた。

8年前に大阪より自宅のある神奈川県川崎市に引っ越しされる

8年の間、他の整体治療を行いながら、なんとか体調を維持していたが、今回とても具合が悪くなり

8年ぶりに当院を再び、ご来院。ホテルに泊まられて、通っていただき、4回の治療を行いました。

4回の治療を行った後、『かなり体調もよくなった』と喜ばれ、川崎に帰っていかれました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和町カイロプラクティック院

〒545-0021大阪市阿倍野区阪南町1丁目46-19 カーサMK1F北側 (御堂筋線:昭和町駅徒歩2分)