ヘルニア・他でよくならない・症状・原因・当院改善法

病院や整骨院での主な治療法

 

 

1、マッサージ・電気・超音波治療でほぐす

→炎症をおこしている筋肉をたたいたりもんだり・刺激したりすると、さらに悪化する。

 

2、牽引治療

→痛めて炎症している弱い部分を伸ばすので、さらに悪化する。

 

3、患部を温めて血行を良くする

→血行を良くするとさらに炎症が強くなり、さらに悪化する。

 

 

上記の治療法は、損傷している神経をさらに悪化させることになります。また、原因を治療するわけではないので、一時的によくなっても、再発する可能性が高くなります。

 

その他、痛み止めの注射や薬は、一時的な処理方法です。痛みやしびれの強いときは、それを抑えるために飲むといいです。

 

でも、根本的な解決ではありませんので、効かない場合は副作用を抑える意味でも、控えたほうがいいと思います。

 

また、手術という方法もありますが、原因が明確ではない場合が多いので、再考が必要です。

 

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛の症状は、どの部分の椎間板が、神経を圧迫しているかによって異なります。

 

腰椎は5つあり、上から第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎と名前が付けられています。

 

発症部位と症状

 

・腰の骨:1番と2番の間の腰椎椎間板ヘルニア

腰の上あたりに痛みが出ることが多い部位です。

 

・腰の骨:2番と3番の間の腰椎椎間板ヘルニア

足の付け根やそけい部が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。

 

・腰の骨:3番と4番の間の腰椎椎間板ヘルニア

太ももの前の部分が痛んだり、だるくなったり、時にはしびれたりします。

 

・腰の骨:4番と5番の間の腰椎椎間板ヘルニア

腰痛の原因の中で、圧倒的に多いのがこの部分です。

症状としては、おしりから太ももの横、膝の下や、外側のすねが痛んだりしびれたりします。親指の力が入らなかったり、足首があげられなくなります。

 

・腰の骨:5番と仙骨(骨盤)の間の腰椎椎間板ヘルニア

おしりの真ん中、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指がしびれたり痛んだりします。

アキレス腱の反射が弱くなり、つま先歩きができなくなります。

 

腰椎椎間板ヘルニア進行例

1、腰の痛み(ぎっくり腰などで急激に起こる場合も含む)
2、おしり、太もも、足の裏など、下肢のしびれ
3、歩行困難(つえ、車いすを使用)
4、排尿困難・下半身まひ

 

なぜ、お尻や足に痛み痺れが出るのか?

それは、腰の骨の後ろをぴったりと寄り添うように、足につながっている坐骨神経が通ってるためです。

その坐骨神経を、何らかの要因で圧迫すると、おしりや足がしびれたり、痛みが出てしまうのです。

 

椎間板ヘルニア 椎間板突出による神経圧迫

 

この痛み・しびれの発生原因は、悪い姿勢等により、椎間板が強く押出され、突出した部分が神経を圧迫してしまうことによるものです。突出したヘルニア部分が、大きく硬いと痛みが強くなります。

 

昭和町カイロプラクティック院

〒545-0021大阪市阿倍野区阪南町1丁目46-19 カーサMK1F北側 (御堂筋線:昭和町駅徒歩2分)